利用料金をしっかりと調べてから利用する

男性

家賃債務保証を利用する場合は、無料で利用できるのではなく、会社の方に保証料を払う仕組みとなっています。ただ、保証料はどこの会社でも同じというわけではないので、契約する会社によって支出が変わってしまうので、その料金をよくチェックしておきます。したがって、まずはどれくらいの保証料がかかるのかその相場を調べ、その金額と比較してどれくらい高いか、もしくはやすいかをチェックします。また、保証料以外にも発生するお金があり、例えば契約する時の事務手数料や、クレジットカード決裁の場合の手数料です。したがって、知らなかったからと言って払わなくても良いということにはならないので、利用料金をしっかりと調べてから利用するようにします。

入居者の代わりに家賃を払ってくれる

賃貸物件を利用する場合は、入居者は決められた家賃を払って部屋を借りている状態です。しかし時にはその家賃を払うことができなくなってしまう場合もありますが、それは家主にとっても損失となります。それを防ぐためには、入居者の代わりに家賃を払ってくれる人を用意することが重要で、その役割としてもともと用意されていたのが連帯保証人でした。しかし家賃債務保証会社を利用すれば、入居者がもし家賃を払うことができなくなったとしても、家主は家賃を回収できます。なぜなら、家賃債務保証会社の方が入居者に変わって家賃を払ってくれるからです。とはいえ、会社の方としては払うだけでは会社の損失となってしまうので、代わりに払うのではなく、あくまでも立て替えた形となります。だから、払った分の金額は家賃債務保証会社の方が滞納した入居者に対して支払を後から請求する仕組みとなっています。

賃貸に入居する際の連帯保証人がいらない

賃貸に入渠する時は、家賃をもし払えなくなってしまったとしても大丈夫なように、連帯保証人を用意する仕組みとなっていました。しかし現在は核家族化が進んでおり親族との関係も希薄になっている場合も少なくなく、さらに単身世帯も増えている状態です。だから、誰かに連帯保証人を依頼したくても、誰にも依頼することができずに賃貸物件を借りられないという事態がおきています。その場合に家賃債務保証会社に依頼することができれば、もしも連帯保証人を用意できなかったとしても、賃貸物件に入居することができます。なぜなら、連帯保証人と同じように、もしも家賃を払うことができなくなってしまった場合に入居者の代わりに家賃を払ってくれるからです。したがって、賃貸物件でも家賃債務保証会社を用意することができれば、連帯保証人の有無に関係なく賃貸物件の入居者を募ることができるという特徴があります。

広告募集中