HOME>イチオシ情報>初期費用を抑えて土地を有効に活用する方法

狭い土地や変形した土地も活用しやすい

駐車場

土地は価値のある財産ですが、土地を持っていながらも有効に活用できていない人は少なくありません。特に狭い土地や変形した土地は活用しづらく、売りに出してもあまり良い価格は期待できません。とはいえ、何もしないでいても固定資産税や管理費は必要となりますので、少しでも収入に結び付けたいところです。アパート経営などは多くの資金が必要ですが、建物が必要ない駐車場経営なら比較的気軽に始めることができます。広い土地がある場合は月極駐車場にすれば長期に安定した収入が期待できますし、狭い土地や変形した土地もコインパーキングとしての活用が期待できます。月極駐車場に空きがある場合は一部をコインパーキングにすればより無駄がありません。

経営の始め方を知る

駐車場経営は、始めたからといってすぐに利益が得られるというわけではありません。立地や周囲の環境、土地の形などにより収益は変わってきます。まずは駐車場としてふさわしい土地であるかを確認してみましょう。周囲に病院や商業施設がある場合はコインパーキングで利益を上げやすいと言えますし、住宅地が多い場合は月極駐車場が向いています。駐車場を自分で運営する場合はアスファルト舗装や機器の購入を行い、集金やトラブルへの対応も全て自分で行うことになります。管理や運営が難しいと感じた場合は専門業者への依頼も考えてみましょう。

一括借り上げと自主管理

駐車場経営が初めてという人は駐車場経営を行う専門の会社と契約することも考えてみたいところです。駐車場経営は一括借り上げだけではなく、自主管理にも対応している会社も多くなっていますので、どちらにするかを決めておきましょう。一括借り上げにすると初期費用も少なく、安定した収入が期待できますし、管理や集金も会社が行ってくれます。自主経営の場合は、地主が設備を購入し、集金や管理などを会社に委託します。初期費用は高くなりますが、一括借り上げよりも多くの利益が期待できます。

広告募集中